• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

なんと読むでしょう?「十字花」

布袋校 加藤 健吾

布袋校のみなさん、初めまして!
4月から布袋校の責任者になりました、加藤健吾です。
今日は先生の自己紹介を兼ねて、中学1年生の理科の話題に触れながら、ブログを書いてみようと思います。

さっそくですが、
「十字花」←これなんて読むでしょう?

「じゅうじか」と読んだ人、おしい!
正解は…

ずばり「アブラナ」です。
そんなのおかしいよ!「アブラナ」って、「油菜」って書くんじゃないの?
そんな風に思った人、もう少しブログを読み進めてみてください。

今ではすっかり春の風物詩として有名なアブラナですが、実はもともと日本にはなかった植物なんです。ヨーロッパから来た植物で、花びらの形が十字になっていることから、「crossing blossom(十字花)」と呼ばれていたんだって。
キリスト教では、花びらの形から十字架がイメージできるからなのか、大変縁起の良い花とされていて、教会の庭園などに聖なる花として植えられていたみたい。
花言葉は…「快活」「わずかな勇気」「小さな幸せ」で、「春の幸運を呼ぶ花」という呼ばれ方もあったようです。

実は私、アブラナには少しせつない思い出がありまして…
~♪ 加藤小話「アブラナの思い出」
(中1理科の授業で、絶賛お話し中。ここで書くと長くなるので、今回はやめときます。)

先生の思い出ばなしはさておき。
さあ、1年生もいよいよ中学校で新学期が始まります。
初めての友達、初めての先生、初めての環境が待っています。
「うまく友達と話せるかな…」「教室の雰囲気になじめるかな…」という不安な気持ちって絶対に出てくると思うんです。
そんな時に必要なのが、アブラナの花言葉にあった「わずかな勇気」!

ほんのちょっと勇気をもって、隣の子に話しかけてみたり、
ほんのちょっと勇気をもって、新しいことにチャレンジしてみたり、

ほんのちょっとの勇気の差で、「小さな幸せ」がつかめるかどうかって変わると思うんです。
それは塾でもおんなじ。
勉強に不安があったり、分からないところがあったりしたら。
ほんのちょっと勇気をもって、僕に聞いてください。

布袋校に来た加藤先生。
見た目はとっても若々しいですが(笑)、
今までたくさんの校舎を回って、たくさんの生徒の勉強を見てきました。
どうすれば点数が上がるのか、苦手な用語が覚えられるのか…
みんなが抱えている心配事の解決の仕方は、手に取るように分かっています。

一人ひとりとしっかり向き合って、勉強や将来のことについて一緒に考えていきますから、安心してくださいね!
この春、先生がみんなにとってのアブラナ(幸運を呼ぶ花)になれるよう、せいいっぱい指導していきます。

「さあ、それでは今日の授業を始めます。姿勢を正して…よろしくお願いします!」

ケイセツゼミナール at 2019.4.11 13:03│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。