• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

How to deal with writing and speaking in the four skills English tests

江南校 安田 弘之

下に日本語訳がついています。

(This report is based on the report of Yoyogi Seminar released in May.)

In order to deal with the four skills test and improve the skills, we have to change the attitude toward English.
The following tips are essential for every students and teachers including me.

(1)We should not study English but work through English.
(2)To input English is the first priority so we should read and listen to English which we can understand easily and which we are interested in. At that time, it’s important for us not to pay attention to English itself but to the contents themselves.
(3)Vocabulary building is very important. We should learn words and expressions every day with our five senses.
(4)Grammar and knowledge of junior high English are important. To know junior high English is one thing and to use it naturally and smoothly is quite another. Junior high English is especially important when listening, writing and speaking. (Please look at the above sentences. I don’t use high school English except for words. Junior high English is enough to express our opinions and even to organize the logical ideas.)

Tip on writing
The form of writing is changing from making sentences to stating opinions. In this respect, two perspectives are important: to use right vocabulary, grammar, structure and to make the opinions persuasive. The latter is more important than the former. We need to learn logical thinking and writing.

Tip on speaking
To speak English smoothly, we need to read and listen more. And it’s important to make junior high English perfect.

Konan branch office of high school division
Hiroyuki Yasuda



4技能型英語テストのライティングとスピーキングにどう対処するか

(このレポートは、5月にリリースされた代ゼミのレポートに基づいています。)

4技能型のテストに対応し、英語力を伸ばすために、英語に対する態度を変えなくてはいけません。
以下のアドバイスは、全ての生徒と私を含めた講師にも必要なものです。

(1)私たちは、英語を学ぶのではなく、英語を通して作業すべきです。
(2)英語をインプットするのが最優先ですので、簡単に理解できて、興味を持っている英語を読んだり、聞いたりすべきです。その際に、英語ではなく、内容に注意を払うことが重要です。
(3)語彙力をつけることがとても重要です。単語や表現を、毎日、五感を使って学ぶべきです。
(4)中学校の文法や知識は重要です。中学校の文法を知っていることと、それを自然にスムーズに使うことは、全く別のことです。中学英語は、聞いたり、書いたり、話したりするとき、特に大切です。(上記の英文を見て下さい。私は、単語を除くと、高校で習う知識を使っていません。中学英語は、意見を表現したり、論理的な意見をまとめたりする時でさえ、十分です。)

ライティングについてのアドバイス
ライティングの形は、文を作ることから、意見を述べることに代わっています。この点において、二つの見方が重要です:一つは、適切な語彙、文法、構文を使うこと、もう一つは、意見に説得力を持たせることです。後者は、前者より重要です。私たちは、論理的に思考したり、書いたりすることを学ぶことが必要です。

スピーキングについてのアドバイス
英語をスムーズに話すためには、もっと英語を読んだり、聞いたりする必要があります。そして、中学校の英語を完全にすることが重要です。

高校部江南校 安田弘之


ケイセツゼミナール at 2018.5.31 13:36│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー