• HOME >
  •  ブログ 

螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。

<<次の記事 前の記事>>

勉強をするのに、朝型か夜型のどちらがいいんですか?

布袋校 佐々木 博規

毎年よく聞く悩みを解決する試みです。
朝、早起きして勉強する人、いますよね。
夜は特に入浴後にサッパリした状態からスタートして、深夜まで勉強する人もいますよね。

例 中3、9月以降の平日スケジュールの前提

起床 6:00〜6:30
下校 16:00過ぎ
夕食 19:00〜20 :00
就寝 23:30〜24:00
このスケジュールを基本とします。

勉強するタイミングは「下校後〜夕食前」と、「夕食後〜就寝まで」の2つ。

この2つの時間帯は必ず勉強するものとします。(休憩は複数あっていいです。)

ここでいう朝型とは、例えば前日は22〜23時に寝て、5時に起きて勉強するタイプのこと。

夜型とは、例えば深夜1時まで勉強するタイプのこととします。

朝型か夜型かというのは、どちらの時間帯の方が集中できて、勉強の効率がいいのか?ということですね。

結論 遺伝で決まっているらしいです。

朝型か夜型かは既に遺伝で決まっており、変えられません。

どうせ変えられないのなら、考えること自体やめたらどうでしょう?というのが僕の結論ですね。

「マジかー」という人、分かります。

僕も学生時代に、悩んだことがあります。
僕は夜型なので「早起きして勉強している」と知り合いから聞くと焦ったものです。
社会人になってからは、「朝型の生活はこんなに人生が充実する」といった本を嫌というほど、読んできました。

「睡眠にはゴールデンタイムがあって、早く寝ないと肌に良くない」
「睡眠は寝る時間帯が大事で、遅く寝て同じ時間だけ寝ても回復しにくい」
こういうことを聞くと、夜型人間にはピンチでしかありません。
分かっているのに、変えられないわけですからね。
でも今は切り替えて、自分のリズムでしっかり睡眠をとるようにしています。

体のことはまだ明らかになっていないことも多いので、「情報に振り回されない」ことが大事だと思います。

さっさ的視点 「そのままでいいですよー」

「遺伝で決まっているのだから、結局どっちでもいいのでは?」と思います。

「1回やってみる」ということならいいのですが、もう自分のことが分かっている人は、そのままでいいと思います。

もちろん、度を越えた夜更かしや遅起きはできるだけやめましょうね。

ではまた!



ケイセツゼミナール at 2020.10.13 11:04│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。