• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

God-like episode

忠節校 安田 弘之

(日本語訳は下にあります)
 When I hear the word “god-like episode”, kami-kai in Japanese, I remember several episodes of・・・・・,anime. But, especially, I come up with “Inuyasha Final Act 9”. This is an episode of an anime “Inuyasha”, which was created by Takahashi Rumiko, aired about 20 years ago in Japan and about 10 years ago in Asia and North America and was a huge hit globally. In the above episode, the protagonist is not Inuyasha but Sesshoumaru (no picture because of the copy right, sorry) and Sesshoumaru went to the underworld to save his beloved girl Rin. In this episode, not only he but also his mother and his entourage Jaken show a lot of their aspects. Their interactions are interesting and touching.

 By the way, I have been a long fan of the author but I knew Inuyasha quite recently and I knew this anime through my Malaysian and American friends. Strangely enough, there’re lots of lots of hard-core fans of Inuyasha in the world and more strangely, most of its fans are female・・・・・.before, when I was an anime otaku long time ago, anime otaku was only male and this fact tells us the world has greatly changed and also now, anime and of course other things are shared globally at the same time. It’s really interesting. As I mentioned above, I knew Inuyasha through my overseas friends, so I have watched almost all episodes of Inuyasha in English. So I wrote this blog at first in English, then, translating it into Japanese later below.
Once again, going back to the theme, to materialize the “god-like episode” in my classes, I must show many aspects of me, the contents and students and have a good interaction with each other, which is taught by the anime, lol.
螢雪ゼミナール 忠節校 神回

“神回”について
“神回”という言葉を聞くと、いくつかのアニメのエピソードを思い浮かべるわけですが、特に、“犬夜叉 完結編 9”が思いつきます。これは、アニメ犬夜叉のエピソードの一つなんですが、犬夜叉は、高橋留美子が原作者で、約20年前に日本で、約10年前にアジア、北アメリカで放送されていて、世界中で大きなヒットだったようです。上記のエピソードでは、主人公は、犬夜叉ではなく、殺生丸という人(知らない人、すみません)で、彼が、リンという少女を救うために冥界に行きます。この話の中で、興味深いのは、彼だけでなく、彼の母親、彼の取り巻きの邪見が、多くの側面を見せてくれる点です。また、彼らのやり取りもとても感動的です。
ところで、私は、ずっと、上記の作家のファンだったのですが、犬夜叉を知ったのは、結構最近で、実は、マレーシアとアメリカの知り合いを通じて知りました。変わっていると思うのは、世界中で、非常に多くの熱烈な犬夜叉ファンがいて、もっと不思議なのは、ファンのほとんどが女性であることです。昔、アニメオタクというと男でしたが、今は、世の中がずいぶん変わっています。また、今、アニメ、そして、他のことも、同時に世界中で共有できるのは、本当に大きな変化だと思います。上述の通り、私は、犬夜叉を海外の友達を通じて知ったので、ほとんどエピソードを英語で見ました。それで、このブログ自体も、最初に英語で書いて、日本語に今、訳しています。
もう一度、テーマに戻りますが、授業で“神回”を実現しようとすると、私自身、授業の内容、生徒たちの様々な側面が見れること、そして、みんなで良いやり取りができることが大切だと、アニメから教えられます。


ケイセツゼミナール at 2019.2.26 13:18│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。