• HOME >
  •  ブログ 

螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。

<<次の記事 前の記事>>

英語の授業

如意申校 丹羽 健

みなさんこんにちは。
如意申校 文系担当の丹羽です。

今回は英語の楽しさをみなさんに伝えたいと思います!

いきなりですが『3単現のs』というものを知っていますか?

中1で習う文法なので中2、中3のみんなはもちろん知っていますよね。
例えばplays ,wants !!
そうです!動詞に『』がつきます。

それでは質問を変えます。
ではどういう時に『s』がつきますか??

この質問をするとみんなは
heのときと~sheのときと~あとitのときにつくよ!
などなどいろいろ言ってくれます。

大正解☆

じゃあa boyは?boysは?Tom and Emiは?と聞くと

どっちだろーなー
じゃあ勘で、「つきます!!!」 
残念!!はずれ…

じゃあ全部覚えないといけないのか?
実はそうではないんです。

ケイセツでは次のようにみんなに覚えてもらっています。
『3単現のsとは主語がI,you,複数以外の時一般動詞につけるs』

これを一語一句しっかり覚えてもらい、毎年ここの単元ではマイテスト(小テスト)をしています。

考え方を逆にすると、
「I,you,複数」を特別扱いして、それ以外の時はsが必要。こちらの方が簡単に、ミスなく覚えることができますよね。

つまり
a boy は「I,you,複数」の仲間に入らないので a boy plays
boysやTom and Emiは「複数」の仲間に入るので動詞はplayになります。
これでテストは完璧!!

ここ螢雪ゼミナール如意申校は『楽しく、厳しく、効率よく』をモットーに授業・学習指導を行っています。
学習する中で暗記をすること覚える作業は欠かせません。でもできるだけ簡単に効率よく暗記をして問題が解ければ勉強が楽しくなりますよね。

只今螢雪ゼミナール如意申校では新規塾生を大募集しています!!
成績を上げたい、勉強をがんばりたいと思われている方は、
一度如意申校に来て一緒にやっていきましょう!!


ケイセツゼミナール at 2021.3.8 11:12│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。