• HOME >
  •  ブログ 

螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。

<<次の記事 前の記事>>

大学の楽しみ

江南校 山下 雄大


皆さん、こんにちは。
ケイセツのアイドル、やまぴーです。
久しぶりに、この挨拶しましたが、そろそろアイドルの限界を感じています。

さて、みなさんは、方言について考えたことありますか?
関西弁や博多弁、津軽弁など、有名な方言は、よくテレビでも耳にしますね。
各地方に、方言があって面白いですが、岐阜にも方言がありますね。

大学受験を控える高校生には、方言の違いが面白いと、必ず話します。
特に、愛知県の大学は、関東・関西からの多くの学生が進学してきますので、特に面白いですよ。

僕は、岐阜県出身で、愛知県の大学に通っていました。
ちなみに、瑞穂校の橋本先生とは、小学校・中学校が一緒で、部活も一緒でしたよ。
昔の橋本先生は、やんちゃしてたけど、立派に育って、先輩はうれしいよ。

大学に進学すると、必ずと言っていいほど、方言の話で盛り上がります。
僕:「明日、1限体育やおね?」
友人;「やおね?って何?意味わからん」
僕:「やおねは、やおねだよ。だよね?みたいな意味だよ」
友人:「なるほど。だよね使えよ!笑」

みたいに、方言の違いで、会話が中断することもしばしば・・・。

また、愛知県一宮市に引っ越してからは、「体育館」を「おくうん」ということにも驚きました。「体育館シューズ」を「おくうんシューズ」と言うのかと思いきや、そこは普通に「体育館シューズ」らしいです。

すぐそこの地域でも、様々な方言がありますので、大学生になって、たくさん友だちを作ると、もっと面白い発見があります。
こういった楽しみも、大学生の楽しみ方だと思います。
大学進学はもちろん、就職で他県へ行く場合や旅行などの際は、方言の違いに注目してみるのもいいかもしれませんね。


ケイセツゼミナール at 2020.11.16 11:00│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。