• HOME >
  •  ブログ 

螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。

<<次の記事 前の記事>>

「プラシーボ効果」を使って、うまく勉強する。

布袋校 佐々木 博規

勉強の悩みを解決する試みです。
「プラシーボ効果」とは「偽物の薬を服用したにもかかわらず、症状が回復したり、軽減したりする作用」のこと。

「痛いの痛いの、飛んでけー」と言われた子供が泣き止むのが、これですね。
本来は医療用語です。

思い込むことで、良い効果が現れる実験が行われている。2つ紹介。

①成分が同じ薬を2種類準備。「片方は安いただの薬。もう片方は高い新薬」こう説明するだけで、高い新薬を服用したグループの方が、痛みがより軽減されたそうです。

②ダミー手術の実験。「背骨の骨折」の手術で、医師や看護師たちは、声だけ出して何もしない、演技だけで乗り切ったところ、76歳の患者が、ゴルフができるようになるほどの回復量だった、ということです。

勉強でうまく使う。「自分はなんでもできちゃう」

「自分はできる」という自己暗示は大事です。

くり返し言ったり、紙に書いて貼っておいたり、スマホのアラームで前向きなメッセージが表示されるようにしたり、とやり方は色々あります。

塾でも、成績が良い人はだいたい明るく前向きです。
講師側も授業をしていてやりがいを感じます。勘違いしてはいけないのは、「成績がいいから、その人はできる」ではなく、「できると思ってやっているから成績がいい」のです。
成績は行動の結果でしかありませんからね。

恋愛でも使える。「自分はイケてる」

顔は飛びっきりイケてるのに、どこか無愛想だったり、自信がない素振りをしたりして、損をしている人、いますよね。もったいない。

実際にモテるのは、表情が豊かだったり、前向きだったりする人です。

こういう人の中には、本来の性格でそうしている、という人がいるかもしれません。

でももしそうでない場合は、「自分はイケてる」と思って、いろんな人と接してみましょう。

あ、バランスは大事ですよ。「自信過剰」も「自信なさすぎ」も困ります、周りがね。

逆の「ノーシーボ効果」もある。これは要注意!

何もないのに、良くないと思い込むと、病気になってしまう、という感じです。

例えば医師から「これは副作用が強い薬です」と言われて服用したら、本来の副作用以上のものが現れる、といったことですね。

塾でも「数学が苦手」とか「英語が苦手」とか、わざわざ宣言している人は、本当にそうなってしまいます。
小学生は「無理無理〜」と新しい学習内容をいやがる反応を見せる人がいます。そ
のたびに「出たな、ムリムリ星人!」と盛り上げていますが、マイナスな反応は思っていても、口には出さない方がいいですね。
成長が止まってしまいます。

アメリカのダンススクールでは、一番下手な人が最前列で練習します。今の成績がどうであろうと、それは現在の状況にすぎないので、気にせずに勉強を続けてほしいものです。

結論 「マイナス思考はほどほどにして、いいイメージを中心にして過ごす」

マイナス思考をゼロにすることはできません。

人間には「自分を守ろうとする本能」があります。
特に新しいことを知る時には、命を守るためにマイナスに受け取るのがスタートです。これは仕方がありません。

ですが、寝たら忘れるとか、考えてもどうにもならないことは考えないとか、マインドセットをすることで思考時間を縮めることはできます。

そして、いいイメージを膨らませていくことです。


ケイセツゼミナール at 2020.10.12 10:39│comments (1)│trackback (x)│
たしかに。
最近趣味でピアノを始めましたが、「自分ならできる」って思いこむことで、楽しく続けれています。
| ネネちゃんのママ | 2020/10/22 05:36 PM |






半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。