• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

右手

安井校 村上 一成

先日、右手をけがしました。

転倒したときに、手のひらではなく、右手の前腕部(肘から手首の部分)で床についてしまいました。
それまでに経験したことのない痛みと冷や汗、目まいに襲われました。

最初は「骨折?」とも思いましたが、何とか動くし、腫れるわけでもなく、熱も出ない。
ただ、無理に動かしたり、力をかけると、尋常じゃなく痛い。

それで病院に行ったところ、、、
「肉離れ」
と診断されました。

普通、肉離れって「脚」だと思いませんか?

お医者さん曰く、強くぶつけるとその弾みで腕でも起きるそうです。


リハビリを始めて1か月ほどになります。
だいぶ動くようになりましたが、無理に動かすとまだ痛い、、、
腕の筋肉は手首から肩まで連動しているそうです。
そのため、どこかを動かしたり、力をかけたりすると、別の部位に痛みが出る。
まるで痛みの「モグラたたき」です。

ケガをしてからわかりましたが、腕ってすごいですよね!

「伸ばす」「曲げる」「ひねる」だけでなく、「伸ばした状態で力をいれる」「ひねった状態で力をいれる」こともできますし、さらには「伸ばしてひねった状態で力をいれる」ことを日常的に無意識のうちにやっているのですから。
(最初はシャンプーのポンプが押せないレベルでした。)

うっかり上記の動きを無意識にやったときなど、「うっ」と何度もなりました。
複雑な動きをこともなげにこなしている腕に感謝です。

蛍雪ゼミナール 安井校 肉離れ
ちなみにこの写真はサポーターです。

理学療法士の先生から、「使うといいですよ」勧められました。
「ホントかな?」と思いながら使ってみると、
確かに動くようになりました。

プロのアドバイスって凄い!

ケイセツゼミナール at 2019.11.26 10:43│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー