• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

がむしゃらに・・・

静里校 佐々木博規

僕は高校生の時、ハンドボール部でした。
全国を目指す強豪校で、筋肉痛じゃない日は無いというくらい、
ハードに練習していました。
あまりのシンドさに時には辞めたいと思ったこともありましたが、
仲間に支えられて3年間乗り越えることができたんです。

そんな僕ですので、ボールを必死に追いかける
高校生をテレビで見ていると、自分と重ね合わせて、
涙があふれてくるんです。
実は…
今年も泣いてしまいました。

それは、

1月9日(月)高校サッカー決勝の事

今回の決勝戦は市立船橋(千葉) vs 四日市中央工業(三重)で、
開始1分で四中工が先制。
後半アディショナルタイム(今はロスタイムって言わないんですね)
で市船が追いつき、延長後半で逆転という展開。

結果、2-1で市立船橋が勝ちました。

試合も相当面白かったのですが、

一番印象に残ったのは、
監督の話。


朝岡さんという35歳の先生です。
監督自身も市船のサッカー部卒で、
やっと国立競技場(全国大会の準決勝)に辿り着いたのに、
試合の直前に発熱!

試合に出られず、結局決勝戦も欠場して、
高校サッカー生活に幕を下ろしました。

そんな彼が、2011年4月に母校の監督に就任しました。

最初のうちは、

「緊張感がない」

「競争意識がない」

「言い訳ばかりする」


こんなチームだったそうです。
それを就任1年足らずで、日本一のチームにしたという快挙を
成し遂げたのです。

監督の力ってすごいですよね!
監督の働きがけでチームがガラリと変わるんです。

ぼくも、そうありたいと思います。
まだまだ名監督ではないかもしれませんが、

でも

静里校のみんなを良くしたい、成績を上げたい
という気持ちは日本一持っています。


佐々木について来い!
ぼくが必ずみんなを第一志望校合格に導きます!!

がむしゃらに やるぞー!!!!!!!!!!!


ケイセツゼミナール at 2012.1.24 22:01│comments (1)│trackback (x)│
蛍雪で頑張った時間になみだ 感動できるようがんばります。
先生にどこまでも・・ついていきま~す
| 受験生だよヽ(o`v´o)ノ | 2012/01/25 08:35 PM |






半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー