• HOME >
  •  ブログ 

螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。

<<次の記事 前の記事>>

1学期中間テスト範囲発表!中1英語の話をしましょう。

布袋校 佐々木 博規

どうも、ケイセツ布袋校の佐々木です。

ついに中学校教科書改訂初年度の1学期中間テスト範囲が発表されました!

・中1の英語はこんな感じ。
今回のテスト範囲はUnit0~Unit1-3というところがほとんど。
内容は、I am …/ I like …/ Are you …?/Do you …?/ I can …です。

「ふぅん」という人、実は大変なことなんです。

・量が3倍!
結論からいうと、量が去年までより3倍になっています。

中1ではUnit0から11まであります。だいたい1か月でUnit1つ分を学習します。
この構成は以前の教科書と同じです。
昨年度はコロナ休校で1学期中間テストはありませんでしたが、一昨年まででいうと、今年度と同じくUnit1までが範囲でした。

実は以前のUnit1には、I am …/ You are …しか無かったのです。
英語の平均点がこの時だけは80点以上なんていう中学校もよくありました。

そこに今年度、以前はUnit3にあったI like …/Do you …?が、さらにUnit10にあったI can …が加わりました。

文法だけではなくて、単語も増えていますから、今までの「中1の1学期の英語は簡単」とよく言われていたことが、もう変わってしまうんです。

・英語が難しいと感じたらすぐに手を打ちましょう!
「すぐに手を打ちましょう!」というのは、保護者のみなさんに声を大にして伝えたいです。

お子様が自力でがんばれるのであれば大丈夫です。
ですが、経験上そういう生徒はほんのひと握りです。

ほとんどの人は、
・勉強がピンチで何とかしたいけど、やり方が分からない。
・そもそも勉強がピンチであることに気付いていない。
このどちらかです。

ケイセツではもちろん全て分かった上で、テスト対策をしますから安心です。
興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

それでは、また。
ケイセツゼミナール at 2021.5.13 17:50│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー