• HOME >
  •  ブログ 

螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。

<<次の記事 前の記事>>

冬の寒さ

鏡島校 岸本 壮生

こんにちは!鏡島校岸本です。

まだまだ寒さが続きますが、皆さんお元気でしょうか。
「冬の寒さ」といえばこんなことわざをご存知でしょうか。
「If winter comes, can spring be far behind? 」
どういう意味か直訳すると、
「冬がくるならば、春が遥かにあり得るだろうか」
となります。
…ちょっとわかりずらいですね。
漢文でも使われている「~だろうか、いや~ない」という反語表現などが用いられているので、これを意訳すると
「冬来たりなば春遠からじ(長い冬を耐えれば、春が来るだろう)」となります。

聞いたことある!、という子もいるかもしれませんね!

そうなんです。実はこのことわざ、シェリーというイギリスの詩人の方の文章の一節なんです。
ことわざといえば、中国や日本のイメージが強いですが、英語の中にもたくさんのことわざがあるんです。

そう考えると、少し英語に興味がわいてきませんか。
英語を勉強することは、「成績があがる」以外に、「外国の知らないことを知ることができる」ことでもあります。

英語を楽しく勉強したい子、鏡島校で一緒に学んでいきましょう!
お持ちしてます!

ケイセツゼミナール at 2021.2.22 10:45│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。