• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

今年の目標は・・・!

平田校 堀 哲郎

こんにちは。平田校の堀です。
みなさんはこんな言葉を知っていますか?
“He can who thinks he can, and he can’t who thinks he can’t.
This is an inexorable indisputable law.”
(できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である)/パブロ・ピカソ

先入観は時に自分にとって味方になるし、敵にもなる!
数学を解いていると、この言葉がなんとなく図形問題につながっているような気がしてきます(笑)

こんなお話があります。
「算数が嫌いな子が分数の問題が解けずに行き詰ってお母さんに助けを求めました。
そんな時、お母さんはその問題の解説をするのではなく、ホットケーキを焼いて食べさせました。
その後、問題をもう一度解かせたところ正解を出すことができました。」

これは、算数が苦手・嫌いという先入観によって問題が解けなかった人の事例です。
先入観が自分にとって敵となったパターンですね。
しかし、お母さんの機転で先入観をリセットすることができ、
「できない」というイメージを消し去って問題に取り組んだ結果、正解が出せたのです!

日々生活をしていく上で、好き・嫌い、得意・不得意によってさまざまな価値観が生まれ、自分で勝手に限界を決めてしまう・・・
よくある話かもしれませんが、僕はそんな先入観を打ち砕けるこのお母さんのような
人になる!

嫌い・不得意という感情を少しでも、好き・得意に変えていくことができれば見方も変わる!!
今、嫌い・不得意な科目がある君!
それは先入観だけかもしれない!ほんとは君にとって得意な科目かもしれない。
一度科目に対して好き嫌いを除いて問題を解いてみよう。

すると、自分が思っている以上に得意な科目だった・・なんてこともあるかもしれない!
それでもわからないところがあれば、先生に質問して「わからない」を無くしていこう!


ケイセツゼミナール at 2019.1.9 13:40│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー