• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

世の中には未知の世界がある!

神戸校 寸田 彩加

こんにちは。
少し肌寒くなってきましたね。
テストが近い学校もあるので、体調に気を付けて頑張っていきましょう!

さて、先日名古屋市博物館に行ってきました。
というのも、私の趣味の1つは博物館に行くこと。

埴輪鑑賞が目的のこともありますが、今回は違います。
特別展として開催されていた「古代アンデス文明展」に行ってきました。
螢雪ゼミナール 神戸校 古代アンデス文明展
ところで、アンデス文明って知っていますか。
有名なものだとナスカの地上絵やマチュ・ピチュがあります。
実は、南アメリカ大陸で今から5000年ほど前から500年ほど前までにあった文明の総称なんです。
いろいろ興味を引く展示がありましたが…
印象的だったのは、人物を象った土器(壺)が多いことです。
螢雪ゼミナール 神戸校 古代アンデス文明展
こんなのがたくさんありました。
中には、自身の首を斬る人物を結構リアルに象った土器もありました。
死者をかたどった土器も…
なぜ、こういうものを作るのかというと、死者は死んだ後も生きている人のそばにいて、いろいろな影響を与えると考えられているからのようです。
日本にも通じるところはありますが、それでも土器にはあまりしないので、不思議な感じです…
世界にはいろいろな考えがあって、その考えをもとにいろいろなものがあるのだなあと知りました。

世の中には知らないことってたくさんあって、それを知ることは普通に生きていればなかなかないなと思います。
自ら足を運び、訪れることによってはじめて得られるものだと思ってます。
そこにはどんないいことがあるか。

もしかしたら、興味を持つことによって夢が見つかるかもしれません。
また、もしかしたら、勉強に関係あることで興味をもって、もっと勉強したくなるかもしれません。
だからこそ、私は皆さんにもっとたくさんのことを見聞きして、興味を持ってほしいと思っています。
ぜひ、いろいろなところに足を運んでみてはいかがですか。


ちなみに、古代アンデス文明展は12月2日(日)まで
ケイセツゼミナール at 2018.11.1 15:55│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー