• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

思い出と宝物

鵜沼各務原校  長田 亜弥

こんにちは。
鵜沼各務原校の長田です!!(*^-^*)


今日は6月下旬に行われる
『漢字コンテスト』『計算コンテスト』の紹介をします。
下の写真のポスター、みんなの校舎にも貼ってありますよね!(`・ω・´)b


螢雪ゼミナール 鵜沼各務原校  計算コンテスト


螢雪ゼミナール 鵜沼各務原校  漢字コンテスト

ケイセツでは年に4回、小学生にコンテストを行っています。
頑張った上位者には、トロフィーや賞状が贈呈されます♪

私はこの行事が来るたびに、思い出すことがあります。
それは「書き取り大会」のこと。
私の通っていた小学校では、毎年漢字の書き取り大会が行われていました。
100点取った人だけがもらえる賞状があって
それが欲しくて頑張っていました。
何度か100点が取れたこともあり、いまだにその賞状を大切にしています。

ただ……今でも忘れられないのはある年の「99点」だった時のこと。

それまでの書き取り大会のおかげで漢字はわりと得意になり、
その年もある程度は勉強をして
「これくらいで大丈夫だろう」と早めに打ち切って次の日の大会に備えました。

ところが当日のテストでどうしてもある漢字が思い浮かばない!!Σ(゚д゚lll)

それは「いちば」という漢字。
「場」は書けたのですが「いち」の方がどうしても…

そしてチャイムが鳴って終了。
ショックでその日の帰り道はずーっとそのことを考えていました。
結局、その漢字以外は合っていたので良かったのですが、一生忘れられない「市場」に
なりました。

という苦い思い出からの教訓がいくつかあります。
① これくらいで良いだろうという先入観を持たない
② あと一歩という結果ほど悔しい
③ 間違えたことは一生の宝物

みんなも今までのテスト結果で「あと1点で、あと少しで、目標に届いたのに。」
という経験はないですか?
もちろん目標達成できることが一番良いのですが、
そうではなかったときは
後ろ向きな考え方を捨てて、「次頑張ろう」と未来の成功を思って行動して
いくことができると良いですね!!
思いっきり頑張ったあとの結果は、
必ず次に繋がります!!

小学生のみんな!コンテストはまだ先!!
未来の自分に向けて思いっきり勉強しよう。


ケイセツゼミナール at 2018.6.18 11:35│comments (1)│trackback (x)│
「あとちょっとだったのに…」
その経験、私も何度かあります……
めっちゃ悔しかった😭
| YUKIMIDAIFUKU☺️ | 2018/10/14 02:13 PM |






半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。