• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。 螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

ちゃんとやります…一生懸命やります…命懸けでやります…

長森校 望月 由

「ちゃんとやります…一生懸命やります…命懸けでやります…」

一度はこのような言葉を言ったことはありませんか?

僕自身も、
母:「ちゃんと勉強してるの?」 → 自分:「一生懸命やってるって!!」

みたいなことが多々ありました。

先日、高校時代の仲間たちとスノーボードを人生初めて体験してきました。

後輩に「望月さん来ますよね?」と言われたら、行くしかないでしょ!
(観覧車に乗れないほど、大の高所恐怖症ですけどねー)

勢いで言ってしまったものの、現地につくと周りは真っ白…

リフトに乗れません、どうしようー!
スノーボードやったことありません、どうしようー!

とりあえず、リフトは丸くなって、目を閉じて何とかクリア!
ボードの装着は教えてもらって準備万端!

よし、まずはやってみよう!

シャー、シャー、シャー……あれ?どうやって止まるの?

「落ちるーーーー!ギャーーーーーーーー!!」(ゴロゴロゴロ……)

これこそ、本当の命懸けのスノーボードです(笑)

半分くらい転がりながら滑ったところで、ギブアップして歩いて降りようとしたところ、
4~6歳くらいの子がスクールレッスンを受けながらスイスイと滑ってる…

若干○0歳(〇の数字はご想像にお任せします(笑))になりましたが、
「あんなちっちゃい子に負けていたらいかんやろー!」と火がつき、
何とか最後まで滑りました!

一日滑り終えての感想はというと…

今までの「本気でやります」「一生懸命やります」と言っていたのは甘かった…

スノーボードは一歩間違えれば自分の身が危険!!

みんなも「本気で~」「一生懸命~」「今度こそは~」とか、
あれこれ言わなくても、行動で結果を示せるようにしよう!!


ケイセツゼミナール at 2018.2.14 11:07│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。