• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

On South Korea’s university entrance examination

江南校 安田 弘之

(日本語訳は下にあります)

Seoul is a beautiful, ultra-modern but ancient mega-city, capital of South Korea.
I hear very often, no, every day, about news of South Korea recently.
The scandal of President Park Geun-hye, rallies in Seoul demanding the impeachment and resignation of the president and historical lowest approval rate of the president and so on and on, all are very bad news. Among the news of Korea, I heard the news of university entrance examination of Korea. In the news, it is surprising to know policemen rode students on the backseat of motorbike, driving them to the venue and airplanes were also put on hold during listening test.

This year, I have an acquaintance who took the exam of famous private university in Seoul. I became a little interested in the exams of South Korea and looked for its information and was very surprised once again.
In South Korea, high school students have the only chance in November. They have the national test, called Suneung. They have only just one chance. No universities have their own examinations.
After the national test, students have essays and interviews in the university they want to enter. But, the combinations are various. Such as ①test + essay+ interview, or ②test + academic record, or ③interview + academic record, or ④only interview and so forth.
Compared with Japan’s system, in this system, one point is far more important. In Japan, in order to pass national university, we have two hurdles, the center-examination and the second examination. If we can’t have a good result in the center-exam, we can take back in the second exam. But, in Korea, there is the only chance. And, moreover, the system is much more complex than that in Japan. In order to be successful, Korean students will need a long and thoughtful strategy.
Is this a future form of university entrance exam of Japan?
I have no idea because I am not a critic and an expert. I think, if I have a conclusion, I simply hope my friend will have a good student life in Seoul.


(日本語訳版)ソウルは、韓国の首都で、美しく超モダンで歴史あるメガシティです。
私は、最近、とてもよく、というよりは、毎日、韓国のニュースを聞きます。
パク・クネ大統領のスキャンダル、大統領の弾劾と辞任を求めるソウルの集会、歴史的な低支持率など、全て良くないニュースばかりです。その中に、韓国の大学入試のニュースがありました。警官が、受験生をオートバイに乗せて会場に送ったり、リスニングのテスト中は飛行機の運航が中断されたりするニュースは、驚きです。
今年、私の知人がソウルの有名な私立大学を受けますので、少し興味が出てきて、韓国の入試を調べてみて、とても驚きました。
韓国では、高校生は、11月に唯一の機会があります。スヌンと呼ばれる国家規模のテストです。彼らは、この1回の機会しかありません。各大学での入試はありません。
このテストの後、生徒たちは、志望する大学の小論文や面接を受けます。しかし、入試の組み合わせは多様です。例えば、①テスト+小論文+面接、②テスト+高校の成績、③面接+高校の成績、④面接のみ、などです。
日本のシステムと比べると、このシステムでは、1点がはるかに重要になります。日本では、国立大学に合格するためには、2回ハードルがあります。センター試験と2次試験です。もし、センター試験でうまくいかなかったとしても、2次試験で挽回できます。しかし、韓国では、1回のチャンスしかありません。そして、さらに、システムが日本よりもはるかに複雑です。うまくいくには、長期の、よく考えた戦略が必要です。
これが日本の大学入試の将来像でしょうか?
私は、批評家でも専門家でもないし、わかりません。もし結論があるとすればですが、ただ、私の友達が、韓国で楽しい大学生活を送ることです。
ケイセツゼミナール at 2016.12.13 10:14│comments (2)│trackback (x)│
Seoul is beautiful.
I want to go to Seoul, too.
| huhuhu | 2017/01/30 11:25 AM |

英語が話せるなんてすごいです!
英語といえばイギリス。
イギリスといえば産業革命などで発展し植民地を広げ世界最大の帝國となりました。
大英帝国は全盛期には前述のとおり世界最大の帝國となり、超大国と呼べる存在になりました。
ですが第二次世界大戦に国力を削り植民地では独立の動きが高まり衰退していきました。
だがしかし!今でも常任理事国となり発展しています!すごいですよね!
| 英語 すごい! | 2016/12/30 12:09 AM |






半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。