• HOME >
  •  ブログ 
螢雪ゼミナールの先生の日常がよくわかる!螢雪紹介ブログ ケイセツの先生が普段感じていることやみなさんに伝えたいことを綴っていきます。塾生・保護者の方々はもちろん、OB・OGも気軽に参加してください。
<<次の記事 前の記事>>

親心

忠節校 長田 亜弥

こんにちは!忠節校の長田です。
もうすでに秋めいて来ましたね。ときめきの秋ですね。(笑)
何だか心がそわそわしてしまうのは、私だけでしょうか・・・(^^)



さて、忠節校では前期期末テスト後の保護者面談がもうすぐスタートします。
中間テスト→期末テストと現学年になって2回テストを受けてきたわけですから、
どのようなところが出来ていて、どのようなところがまだ理解できていないのかを
改善するチャンスです。

しっかりと面談で先生たちの話を聞いて次に生かせる方法を見つけて欲しいと思います。


という、面談についての細かい内容は、今回は置いといて…
今日みなさんに伝えたいのは、



『親の心』です。







面談のときに、いつもよりも、愛想なく気まずそうにちょこんと座っている君を見て、私はいつも思います。

『親思う 心にまさる 親心』


この言葉は、大学時代、友人のお父さんに突然言われた一言です。
(かの有名な吉田松陰さんの言葉だそうです)


その時はまったく意味が分からなかったのですが、大人になって社会人になって
一人暮らしをするようになってようやく理解できました。
(なので小中学生のみなさんには難しいかもしれませんが。。。)



私の解釈は、「子どもがおうちの方のことをどれだけ大好きだと想っても、
親はそれ以上に子どものことを大好きだ」ということだと思っています。


そう、君のことを誰よりも一番心配してくれているのが「親」なんです。




照れくさそうにせず、おうちの方の言葉もしっかり聞いて、一生懸命、

目の前にある課題に取り組んでいって欲しいと私は願っています。



『勉強のことは 誰よりも勝る 長田心』(字余り・・・)

おあとがよろしいようで~
ケイセツゼミナール at 2014.9.30 0:01│comments (0)│trackback (x)│





半角英大文字[A-Z]の4文字を入力してから送信ボタンを押してください。